茨城県つくば市

茨城県つくば市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

つくば市は、茨城県南部に位置する市で、学術・研究都市としての筑波研究学園都市はつくば市全域を区域としますよ。業務核都市、国際会議観光都市に指定されていますよ。

つくば市は農村が広がっていた地域であったが、1960年代から筑波研究学園都市として開発が進み、現在は日本国内最大の学術都市となっていますよ。国や県の政策により、1987年(昭和62年)に筑波郡谷田部町・大穂町・豊里町、新治郡桜村の3町1村が新設合併し、つくば市が誕生しましたよ。

さらに 1988年(昭和63年)に筑波郡筑波町、2002年(平成14年)に稲敷郡茎崎町を編入し、現在の市域になりましたよ。そのため、行政上の地区名として旧町村域に対応する谷田部、大穂、豊里、桜、筑波、茎崎が使用されていますよ。

つくば市の市域には多数の研究機関が立地している他、市の北端に日本百名山の筑波山を擁しており、観光地になっていますよ。また、2005年(平成17年)に首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスが開業し、市中心部より最短45分で東京都心と結ばれていますよ。

つくば市は、東京都心から約50km、成田国際空港から約40kmに位置していますよ。

つくば市にある山として、筑波山、宝篋山(小田山)、城山がありますよ。

つくば市にある河川として、小貝川、桜川、東谷田川、西谷田川、小野川、花室川、稲荷川などがありますよ。

つくば市の市民一人当たりの公園面積は約10m2であり、全国平均の約6m2を上回っており、洞峰公園などがありますよ。

つくば市の平野部である市内長峰(高層気象台)にある観測点(つくば(館野))における1981年(昭和56年)から2010年(平成22年)の平年値によると、年平均気温は13.8℃、年間降水量は1282.9mmですよ。太平洋側気候に属するが、内陸性で年間の寒暖の差、一日の内の気温差が大きいですよ。

つくば市の冬は、1月から2月には最低気温が-5℃から-8℃くらいまで下がることもありますよ。降雪は比較的少ないですよ。一方、つくば市の夏は蒸し暑く、猛暑日になることもありますよ。

つくば市内には国や大手企業の研究拠点が多数存在し、約300に及ぶ研究機関・企業と20,185人の研究者を擁し、このうち日本人の博士号取得者は7,215人に達しますよ。外国からの研究者や留学生が多く、外国人登録者数は133カ国7,565人に及び、総人口の約3.5%を占めますよ。研究者や大学生が数多く住んでいるため、転勤や入学・卒業に伴って毎年3月末の人口が大きく減少し、4月に元に戻る現象が発生しますよ。

2015年(平成27年)現在のつくば市の人口は約23万人ですよ。この結果、日立市を抜いて、県内2位の人口となっていますよ。施行時特例市としては人口増加率が1.3%で全国一ですよ。

つくば市の中央部に位置するセンター地区と呼ばれる地区(現在のつくば駅周辺)は、筑波研究学園都市建設の一環で1980年代につくばセンタービルを核として計画造成された市街地で同都市の中心をなし、事実上のつくば市の中心地ですよ。

つくば市は碁盤の目のような格子状の道路網の中につくばクレオスクエアを始めとするショッピングセンター、つくば国際会議場などの公共施設やライトオン、筑波銀行など民間企業の業務拠点が集積していますよ。

つくば市は合併により誕生した市であり、合併前の旧町村の中心をなしていた谷田部、北条などの各既成市街地はいずれもつくば市の中心にはなりませんでしたよ。一方、市役所庁舎は長らく旧町村ごとの分散庁舎体制を取りつつもその代表的な庁舎は谷田部に置かれていましたが、2010年、研究学園地区(研究学園駅周辺)の現庁舎に集約移転しましたよ。

つくば市の就業者のうち、第一次産業従事者は3,133人、第二次産業従事者は17,268人、第三次産業従事者は69,190人ですよ。

つくば市の研究学園地区以外では農業も行われており、特に筑波山麓で収穫される北条米は昭和初期に皇室への献上米になるなど高級米として知られていますよ。また、畑面積の約3分の1を占める芝https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9Dは日本一の作付面積(2,245ha)を誇りますよ。

近年では、摘み取り園式のブルーベリー栽培が行われるなど、新しい形の農業にも取り組んでいますよ。つくば市及び東京都小平市・山梨県北杜市が日本三大ブルーベリーの地とされていますよ。

また、つくば市では日本で唯一搾菜の栽培が行われ、有名中華料理店などに出荷されたり、たまり漬として加工されていますよ。つくば市では、JAつくば市とJAつくば市谷田部の2つの農業協同組合が事業を展開していますよ。

つくば市はつくばエクスプレスの開通に伴い、都内や近県からの筑波山への観光客が増加していますよ。また、市内にはパン屋が多く、2004年(平成16年)よりパンの街つくばとして振興を図っていますよ。

つくば市に本社をおく主要企業として、カスミ、サイバーダイン、常陽新聞、ソフトイーサ、ダーウィン、とんQ、麺ズ・クラブ、友朋堂書店、ライトオン、ワンダーコーポレーション、日本アイ・エス・ケイ、ステュードベーカーインターナショナルがありますよ。

つくば市にある商業施設として、つくばクレオスクエア(CREO(イオンつくば駅前店)、Q’t(Loftほか)、MOG)、LALAガーデンつくば、iiasつくば、イオンモールつくば、コストコつくば倉庫店、山新グランステージつくば、つくばショッピングセンターASSE、谷田部ショッピングセンター、デイズタウンつくば、ピアシティ万博記念公園、KASUMI(グラン・プルシェ店、学園店、つくばスタイル店、テクノパーク桜店、筑波店、梅園店、大穂店、つくばアッセ店、みどりの駅前店、万博記念公園駅前店、学園の森店)がありますよ。

つくば市にある大学として、筑波大学筑波キャンパス、筑波技術大学、総合研究大学院大学高エネルギー加速器科学研究科 筑波キャンパス、筑波学院大学がありますよ。

つくば市にある鉄道として、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、筑波観光鉄道(筑波山鋼索鉄道線(筑波山ケーブルカー)、筑波山ロープウェイ)がありますよ。

つくば市にある一般路線バスとして、関東鉄道、関鉄パープルバス、ジェイアールバス関東がありますよ。

つくば市にある高速路線バスとして、高速バスつくば号(東京駅 – つくばセンター間1時間強)、空港リムジンバス(つくばセンター – 羽田空港間2時間弱、成田空港間1時間半程度、茨城空港間1時間弱)、高速バス (東京テレポート駅・東京ディズニーリゾート- つくばセンター・土浦駅)、高速バス急行TMライナー(つくばセンター – 県庁・水戸駅間1時間半程度)、高速バス急行わかば号(つくばセンター – 運転免許センター間1時間弱)、夜行高速バスよかっぺ関西号(つくばセンターまで京都から7時間、大阪から9時間程度)がありますよ。

つくば市にあるコミュニティバス・自治体バスとして、つくバス、筑西市広域連携バス、桜川市バス ヤマザクラGOがありますよ。

つくば市にある高速道路として、常磐自動車道、首都圏中央連絡自動車道がありますよ。

つくば市にある一般国道として、国道6号(牛久土浦バイパス)、国道125号、国道354号、国道408号(土浦学園線・学園東大通り・学園西大通り)、国道468号(首都圏中央連絡自動車道)がありますよ。

つくば市は県内第二の観光都市ですよ。2007年度は約380万3000人が訪れましたよ。特に近年はつくばエクスプレスの開通により、東京からのアクセスが向上したため、観光客数は増加していますよ。

つくば市にある観光地・祭事として、筑波山(筑波山神社・大御堂・筑波山梅林・筑波山温泉)(筑波山梅まつり、筑波山神社御座替祭、筑波山もみじ祭り、奇岩・巨石群)、平沢官衙遺跡(つくば物語)、北斗寺(星祭り)、小田城跡、五角堂、豊里ゆかりの森(昆虫館)、茨城県つくば美術館、つくばエキスポセンター(プラネタリウム、H-IIロケットの実物大模型)、地図と測量の科学館、つくばわんわんランド、金村別雷神社、一ノ矢八坂神社(ニンニク祭り)、つくばフェスティバル、つくば100キロウォーク、北条祇園祭、まつりつくば、つくばラーメンフェスタ、つくば国際音楽祭、つくばマラソン、市内の各研究機関がありますよ。