全く他愛もないこと

「それを覚えるには、あたしは完全に別の国を訪れなければならないね。」「さうだとも/\、吾々だつてさうだよ。」 Nと滝は、全く他愛もないことを喋舌り続けるのです。そしてNは、改めてそのストウリイを話して呉れと云つて諾《き》きません。 滝は、物語りが何よりも不得意ですが、仕方がなく、極く手短かに、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:57 pm  

舞台の狩人

 滝は、苦し気に息を切ります。「酔つた! ――嗤はれようと僕はそんなことを怖れてゐるんぢやないよ。」「嗤ひはしないよ、決して、もうあたしは! それに、もうさつき、あれだけの練習したんだから、屹度お前は、さうだ、さつきのお前の言葉を借りるよ、屹度お前は、悪漢のやうに巧みに、引き金を引くに違ひないよ、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:56 pm  

仕方のない笑ひを浮べて

「……私の親愛な marionette! 踊りませう……」「あの人形はこはれてしまつたらしい。」と滝は、仕方のない笑ひを浮べて、Nと同じ言葉で答へました。――いつも滝はNに手をとられて木像のやうに不器用により他踊れないので、自分から卑下してアヤツリ人形だと云つてゐたのです。「さう――」とNは素直...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0490 sec.

http://freshstartpersonalloans.co.uk/